どんなことをするの?
これまでのキッズマーケットキャンプ
応募はこちらから
logo


logo

キッズ・マーケット・キャンプとは

キッズ・マーケットキャンプ(KMC)は、小中学生を対象に、金融やマーケットに対する興味を高めるとともに、その機能に対する理解の向上を図る目的で実施している金融教育プログラムです。学生向け金融・マーケット教育企画の「第1段階」として、2004年の8月より実施してきました。

すでに米国では、小・中・高校の各段階で民間の力を生かした同様の教育事業が浸透しており、それらは民間企業等による社会貢献活動としても一定の評価を得ています。一方、わが国でもそのような問題意識が高まりつつあるものの、インターネット・トレーディングが広がるなど社会的なブームの影響もあって、「投資」のテクニカルな側面だけに目が向けられがちなのが実情です。

授業風景 KMCでは、そのようなテクニカルな知識の習得を目的とした狭い意味での「投資教育」ではなく、将来設計も含めた長期的で広い意味での「投資」を考えさせることを通じて、子供たちが計画性や自立心をもつようになってほしいと考え、小中学生を対象にしたデイ・キャンプを実施してきました。


キッズ・マーケット・キャンプの意義

これまで、初等・中等教育の現場ではお金を即物的で欲望をかきたてる象徴としてみなし、正面から扱うことをタブー視する傾向がありました。KMCでは、このような偏見が、むしろ子どもたちの自立心を育成する上で重要な教育機会の逸失につながっていたのではないかと考えています。本教育プログラムは、このような反省に立ち、逆に、下記のようなお金の特徴を活かすことで、バランスのとれた大人へと発育を促すことが可能ではないかという考え方を基本に構築されています。

お金を数える練習中?銀行見学時に お金は、貨幣経済では、いつでも物と交換できる機能をもつと同時に価値尺度としての機能を果たします。したがって、子どもたちにとって、自分たちの欲求を実現するために、たとえば、ほしいものがあったときに、いくら必要なのか、小遣いで買えるのか、足らなければどうしたらよいのか、手伝いをしたらいくら稼げるのか、どのくらいの期間、節約したり手伝いをして貯めなければいけないのか…とお金に置き換えて考えさせるほうがわかりやすいはずです。そして、無意識のうちに計画を立て、その目的実現のために我慢することを覚え、達成したときの喜びを感じることができます。こうして、自然に計画性や自立心が備わるようになるのです。お金には、それを通じて学ぶことによって、「物事を判断する基礎」(価値観)を効果的に形成する比較優位性があると考えられるのです。

夢はニュースキャスター? まずは、子どもたちそれぞれがもつ将来の夢や目標の実現に向けて、「ライフプランニング」という形で人生設計を考えるところから始め、そのために不可欠な金銭に関する知識や感覚を身に付けさせるものとして、金融やマーケットに関連する重要な概念(たとえば、リターンやリスクなど)や金融商品(たとえば、株式や保険など)の本質的な機能を学んでいくプログラムになっています。これにより、自分に必要なお金との付き合い方を考えながら、自分の問題は自分で解決するという自立の精神を養い、「将来への投資」の重要性と、そのための準備の必要性を、早くから学ぶことを目的としています。

さらに、「投資」を、単に金銭ではなく、それにかける時間やエネルギーなど経済資源や人的資源を含めた投入として定義し、その成果としての「リターン」も、金銭的収益のみならず、幸福感・達成感や経験・キャリアの形成、信用の獲得など、子どもたちがこれから生きていく上で大切なものとして定義しています。これは、とかく金銭を儲けるために証券投資のスキルを教えるといった、狭い意味での「投資教育」とは一線を画すものです。

企画概要

■名 称: キッズ・マーケット・キャンプ2012夏

■期 日: 2012年8月28日、29日、30日  午前8時30分〜午後5時45分 (予定)

■会 場 :早稲田大学日本橋校 〒103-0027 東京都中央区日本橋1−4−1コレド日本橋5F

■主 催: キッズ・マーケット・キャンプ実行委員会
        三井不動産株式会社
        NPO法人金融知力普及協会
        委員有志
■協 力:
        早稲田大学大学院ファイナンス研究科
        早稲田大学ファイナンス稲門会
        日本証券業協会
        ピムコパートナーズ
        FFR+「金融工学とリスクマネジメント高度化」研究会
        三菱東京UFJ銀行
        株式会社日経CNBC
        株式会社パソナ
        株式会社三越伊勢丹

■対 象: 小学校5年生・6年生および中学1年生
■定 員: 30人程度 
■参加料: 無料 (事前申込制/応募多数の場合抽選)

■お電話でのお問い合わせは一切受け付けておりません。
 こちらより、メールにてお問い合わせください。

*