借金が手に負えなくなる10のシグナル

借金が問題になる10のシグナル

借金の問題は気が付いたときには大変なことになってることもよくあります。
借金に困ったことがある人が多く経験している、これらの10のシグナル、心当たりありませんか?

・返済や、日ごろの生活資金のために貯金を崩している
・昇給の額よりも借金や、生活資金の増え方が早い
・ローンを完済する前に次のローンを組んでいる
・月々の返済額より新たな借金の額のほうが多い
・返済日の間で「お手玉」している
・キャッシュカードを利用して、手元にない額の買い物をしている
・延滞利息よくを払っている
・以前は現金で買っていたものをカードで買うようになっている
・返済額が収入の20%以上になっている
・著しい延滞があったり、裁判になったり、取り立てにあったりしている

上記に心当たりがあったら、まず冷静に自分の状況を見直して、助けを求めましょう。 債権者が借金の返済スケジュールを調整してくれる可能性もあります。

何よりも、「借金で借金を返す」ことをしないように。不可能です。上記のようなシグナルを無視しないで、借金問題を見過ごさないようにしましょう。
癌と同じように、借金問題も自然に消えることはありません。

抄訳:MONEYTALK @moneytalk1 より

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です